会社沿革

明治39年 井田精、東京都深川区本村町(現・住吉町)に創業。主として山口県下松の専売局の塩壜を製造。
大正12年 東京都深川区東扇橋(現・江東区扇橋)に第二工場を設立。関東大震災で両工場ともに焼失。復興後は扇橋工場で作業を開始。住吉工場は閉鎖。
昭和12年 株式会社井田製壜所に改組、社長に井田精就任。
昭和13年 全自動製壜機を導入。シーメンス社の溶解炉を導入。
昭和20年 戦災で工場消失。
昭和21年 データタンク炉を築炉、作業再開。
昭和29年 全自動製壜を再開するが諸般の事情によりやむなく中止。
昭和29年 井田硝子株式会社として発足、主として食卓用ガラス・高級カットガラスの製造を開始。出口新吉が社長に就任。
昭和53年 出口孝二が社長に就任。
昭和54年 都市ガスを燃料とした硝子溶解炉を築炉。
平成元年 出口孝二が会長に、井田章二が社長に就任。
平成10年 出口新一郎が社長に就任。
平成15年 北海道小樽市に株式会社深川硝子工芸を出口新一郎が設立。主に工芸用ガラス製品を生産する。
平成18年 井田硝子株式会社をGlass Station雅に改名し、事業転換をする。
平成20年 「明日の日本を支える元気な中小企業300社」に選出され、経済産業省より表彰される。
平成24年 熱に強い江戸切子グラスとコーヒーカップを開発し、「伝統的工芸品チャレンジ大賞」にて優秀賞を受賞する。
平成28年6月 国立大学法人室蘭工業大学と「新しい希土類硝子の小樽切子への展開」と題した共同研究契約を締結する。

東京工場(旧井田硝子)と現在の写真

トップへ戻るボタン